施設紹介02 富士霊園

画像


清水由貴子さんの件でニュースなどで名前を聞いたことがあるかもしれないですが、地元では桜で有名なところです。
個人的には、ここへはこの出来事の1週間前くらいに行っているのでびっくりでした。
まあそういう話は置いておいて、どんな感じの所かだけわかりやすく書いていこうかと思います。

画像


①花のきれいなところです。
は圧巻です。
入口から直線200メートルくらいの4車線道路沿いに数十本は植えてありますが、映画のセットのような、絵にある極楽浄土のような景色です。
整列した、明らかに人工的な様子なのですが、それでも目に残ります。
他にもつつじなどきれいな花がいろいろ植えてあり、彩りはきれいです。

画像


②やっぱりここは墓です。
メインの通りと広場、あと通路以外は、ずらっと墓が並んでます。
宗教別のようで、区画ごと墓の形はほとんど同じなので、団地のような無機質な景色が広大に続きます。
こういうのは墓地不足の都会の人が買うのかな?
田舎の人には見慣れない景色です。

③食べ物と土産は・・・
食堂と売店、あとこの日は桜の季節ということで屋台が数軒だけ出ていました。
食堂は入っていないですが、たぬきそばが850円、フライの定食が1100円くらいだったと思います。
売店は花やお供え系がメインで、あとは保存の効く箱菓子や漬物のようなものが売っていました。
屋台は団子などの和菓子とお好み焼きのような軽食が少しあったと思います。

④無料?
入場料は無料です。
あとこの日だけかもしれないですが、富士急のバスが無料で出ていました。
霊園専用のバスもあって、これは墓地内を回っているようです。
墓地の区画ごとにバス亭のようなものがあったので、びっくりしました。

⑤ピークの日曜日はものすごい混雑です。
平日と日曜、2回行きましたが、日曜の混雑振りは尋常ではないです。
国道246号から霊園に向かう道は、平日は10分かからないと思いましたが、日曜はその3倍から4倍くらいかかりました。
敷地内は、どこでもよければ駐車場所はいくらでもありますが、桜の近くはまず空いていないと思ってください。


場所や交通手段など詳しい説明はグーグルで確認してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック